follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月25日月曜日

”D”と呼ばれた男

結果が出せない選手、
試合で負けた選手、

これらを「慰める」という行為を競技生活が長い人の中には好まない人が多い。
僕もその一人である。

「頑張ってればそのうち結果がでるよ」
まあ聞こえはいいが、
長く競技をやっていれば「実力があっても結果が出ないまま去る人」なんて色々見て、
これが如何に綺麗ごとなのかが身にしみる。

そもそもスポーツだって将棋だって「実力者」でありながらメダルやタイトルには縁がない人がたくさんいる。
たとえば女子の10km走およびマラソンの現世界記録保持者であるポーラ・ラドクリフ、
彼女は絶対的な実力者でありながら引退までオリンピックでは一切メダルと縁がなかった。
将棋だと「タイトル決勝6戦0勝」という記録をもっている森下卓九段や木村一基九段がいるし、
羽生世代等の一流所にも劣らない生涯成績でありながら順位戦A級すら未経験である中田宏樹八段もいる。

「結果は水物」
麻雀なんてもっとそうなる。
「結果に恵まれない強者」なんてのは協会だけでもゴロゴロいる。
よって競技選手が長くなるほど負けた人に気はつかわなくなる。
「お前は強いよ」なんて言葉は慰めにならないとわかっている。
負けている人は煽るし、勝っている人には賛辞をおくる。皆そんな物なのだ。



さて、
今から約9年前、第三十三期に最高位戦に入った浅井裕介という男がいる。
彼はとにかく競技にて勝てない事で有名な男だった。

最高位戦に入ってから最初の6,7年、
彼は毎回参加を続けながら昇級経験が一切無かった。
最下層リーグを長く続けていれば結果に恵まれた年に1回位は昇級するものなのだが、とにかく勝てなかった。
そして入った当初のC2リーグを抜けれないどころか新設されたリーグに降級を続けていた。

メンバーとして長年生活をしてきた。麻雀が弱かったら出来る事ではない。
多くの競技大会に参加してきた。一度くらいチャンスがきても不思議ではなかっただろう。
それでも彼は勝てなかったのである。

とある年の事、
坂本大志を主とした最高位戦・協会有志で毎年主催をしていた大会、「ツインカップ」での出来事である。

その年またもやリーグ戦に勝てず、新設されたDリーグに浅井は降級をしていた。
「自分は勝つに値する力があるはずだ」という自信と
「自分には決定的な物が足りないのだろうか」という不安
そんな彼の葛藤、同じ競技選手として運営陣は痛いほど良くわかっていた。

慰めなんて意味は無い。
それでも何か出来る事はないだろうか?
皆でそう考えた。

そしてツインカップ当日

運営陣
「浅井よ、君が勝てないのは名前の画数に問題があるのでは?と思い、名札を三つ用意した好きなのをつけてくれたまえ」

苦笑いしながら普通に「浅井 裕介」と取ろうとした彼に、
「空気読んで」と半パワハラでお願いして3種類の名札を使って貰った事を良く覚えている。

さて、
そんな「負ける男の代名詞」だった浅井だが、2年ほど前から豹変したのである。
Dリーグから立て続けに昇級を重ね、
現在B2リーグ昇級に王手をかけている状態、
これは最高位戦の珍事(?)としてひそかに話題になっていた。

そんな彼が今回ベスト8に残った事を知った時、
「このまま勝っちゃうんじゃね?」とか思っていたのは僕だけではなかっただろう。
そして本当に勝ったのを知った時、古くからの彼を知っている多くの選手が喜んだ。



競技麻雀なんて、長く続ければ勝つとは限らない。
負ける事もあるし、負け続ける事だってあるし、そのまま一生勝てない事だってある。
競技を愛したまま勝てずに引退した例は幾つも見てきた。

長くやってて報われたほうがむしろ珍しい例である。
いやこうなってみるとたかだか9年なんて長いともいえないかもしれない。
それでもやはり長い間彼が葛藤と信念で競技を続けてきた事は想像に難くない。

改めておめでとう、
この記事にてそれを記したい。

というかね、
やっぱ彼がツインカップの直後から急変して勝ち始めたの考えると、
「画数が悪い」って我々の予想、そしてあの行動は正しかったと思うのです。
つまり浅井躍進の原動力は我々ツインカップ運営陣という説があるのです




浅井さん、お礼の品をお待ちしてます!キリッ


さて最後だけ真面目な話

我々って勝ったら祝福されるのは当たり前なんですね。
僕の目から認めてない打ち手であっても僕は「おめでとう」って言う。それは礼儀であり、そこを否定したら本当にもう競技麻雀は意味をなさなくなるから。
でも負けた人を直接煽るのって、多分その人を打ち手として信頼してないと出来ないのです。

「コイツはにはいつか勝つ力がある」
選手同士の煽りとは、そういった信頼から生まれるのかもしれない。

浅井を煽ってた彼の周りの数々の人達が今回心から喜んでいる姿を見て、
僕はそう思ったのでありました。

おしまい

2017年9月22日金曜日

私見にともなう麻雀プロ紹介その10:大澤ふみな

本日紹介するのは最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する「大澤ふみな」

スリアロダイエット部では鞭をふるって部員をしごく鬼教官、
そして競技選手としては2017年度の女流最高位決勝にも残っている、今注目の選手であります。


まず最初に、
何気に彼女は麻雀界に長くいる選手なのです。

最高位戦に入ったのは2014年度と最近ですが、
実はその前に日本プロ麻雀協会に数年所属していた経緯があります。
愛内とか大崎あたりよりもずっと先輩であり、
当時の彼女は鬼教官ほかならぬ鬼先輩として後輩に恐れられていた存在(ry



さて、
ここからちょっと彼女の凄いところ、
麻雀界で彼女だけが持っている競技記録について

ふみなは協会在籍時も決勝に数回残っています。
新人王戦決勝 1回
女流雀王決勝 2回
「将来の女流雀王候補」としてしも当時目されていた一人でした。(獲得には至りませんでしたが)

そして彼女は退会してから数年後に最高位戦に移籍するのですが、
ここでも2014年度の新人王戦決勝、
そして今年度の女流最高位決勝に残ったわけです。

つまり協会、最高位戦の双方にての新人王・女流リーグの決勝に進出しているわけで、
これは業界唯一のレアな記録であり、今後も多分塗り替えられないでしょう。

というか2014年の最高位戦新人王の決勝みて「そもそもお前のどこが新人だ」とか思ったのは俺だけでは(ry



競技成績以外についてもちょっと話を

彼女が入った当時、協会は後に「暗黒期」とも呼ばれるほどの低迷した時代でした。
新人、特に外に売り出せる新人があまりいなかった中、
色々な仕事を積極的にこなしてくれていた記憶があります。

近代麻雀で水着になったり、
MJのイベントではパンダのきぐるみきたり、
「大澤ふみな先生がやさしく麻雀を教えてくれるトレーニングモード」とかいう「何血迷ったキャラ作ってんだ」と皆が突っ込みいれる仕事したりと、
協会のMJ活動を主として大きな役割を担い、団体の活動に貢献してくれていたわけです。

それだけに彼女からとある日、
退会の挨拶をされた時は結構おどろきました。
そしてその時のやりとり、およびその後の事を良く覚えてます


ふみな「今年で協会やめます。おせわになりました。」
ワシ「・・・・そうか。今まで色々ありがと。寂しくなるね。」
ふみな「お前もいつまでもB2とかで燻ってないで頑張れよ」
ワシ「おう」

こんな憎まれ口を叩かれながらもサヨナラをしたのです。

でもそれから数年後、
ふみなの名前を忘れかけていた頃に最高位戦の友人から彼女の入会を聞いて驚きました。

そして彼女は新人王決勝進出はもちろん、
リーグ戦でもとんとん拍子で昇級していき、ストレートでのB2昇級も決めたわけです。

月日って流れゆく物で、

ふみなが協会を辞めて、
数年間競技の世界を離れ、
最高位戦に復帰して、
リーグ昇級を重ねB2まで駆け上がる、

そんな彼女の過去と現在に思い巡らせた時、
「月日って流れゆくなあ」
とか思ったのでした。

そしてその後、
ふみながそうやって色々と変っていく中で、
何一つ変らずににずっとB2リーグにいた自分に気付いた時、
、、、なんかもう色々と言葉に出来なかったわけで(--;)(--;)(--;)(--;)

「協会の中でも外でも色々な事が変ってゆく中で、唯一変らないのは武中進のリーグくらいだ」
という名言が出るのもそりゃ無理ないわ、、、、と。



さて来るべき女流最高位戦の決勝、
4者それぞれ頑張って欲しいですが、
個人的にはつきあいの古い分やはり彼女を一番応援してますかね。
期待して勝負を見させていただきましょう^^

あとせっかくなので大澤ふみなについてオマケ知識を書くなら
・実は韓国人とのハーフ
・料理は結構できる

・日本プロ麻雀協会の公式戦で始めて九蓮宝燈を和了(ただし本人気付かず18000と誤申告)
ってトコですかね。


改めて決勝は9/24(日)からだそうです。
大平が4連覇を達成するか?
他3人がそれを阻止するか?

必見ですね。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv305952783
https://freshlive.tv/threearrows-ch/150029

2017年9月20日水曜日

めずらしく人狼ゲームについても書いてみる

人狼ゲームって面白いなーと思うところがあって、

同じゲームでありながら、
引いた役職でゲーム内で求められるスキルが全然変るんですね。

村人なら、
まず見えない情報を推理する力が試される。
その為の記憶力とか、相手の行動への観察力とか。

でも一方で狼なら
まず与えられた情報を元に、「どのようにゲームを組み立てるか」っていう構想力が試されて、
仲間との連携力とか演技力とか、そのベースになる客観的視点とかが試されてくる。

全然違うゲームといえるわけですね。



そして例えば村人でも、
置かれた立場で幾つか求められるスキルが違う。

先日練習会で村人の時に、
久々に偽占い師に「狼」って言われた。

んでこの時の私、
狼とか狂人の内訳は全部当たったんですが、
全く抵抗できずに吊られたわけです(ーー;)

何が言いたいかというと、
こういう状態のときに必要なスキル=「村としての弁明力」が全く足りてなかったなと。

以前にスリアロ村でスクエニの安西先生が偽占い師に黒出されて吊られた時、
普段の安西先生からは考えられないしどろもどろさで「絶対狼だw」とか思って私投票して、
あっさり村が滅びたわけです。

この時に
「洞察力が強い ≠ 弁明力が強い」って考えるのも危険なのかも、とか、
「普段が凄い頭脳明晰なイメージの人ほど、こういう時に完璧な切り替えしが求められる分かえって大変なんだな」とか色々思ったりしたわけで。





そういえばスリアロのエースプレイヤーである「はなうさ大先生」が、
人狼の各自のスキルを「攻撃力」「防御力」って例えで表現したりしていて、

これは僕とかには結構しっくりくるわけです。

色々と修行が足りないなあ、とか思うわけですね。


さて最後の締めとして、
話がちょっと変ります。

唐突ですが、
僕麻雀で競技選手の後輩とかから「麻雀のスキル」について「得手・不得手」の事をたまにきくんですよ。

「自分は攻撃が得意だが防御が苦手」とか、
「鳴きが得意、面前が苦手」とか、

そしてこれを聞くと多くのケースにて、

いやいや、
必要知識は多少違えど結局これらの根幹って一体だから。
好き嫌いとか好みのタイプとかはあっても、どれが得意でどれが苦手とかないし。
分けて考えてる時点で誤解してるから。

とか思っちゃうわけです。
※今回はちょっと極端な物言いで書いてます^^;


つまりまあ、

今日書いたこの日記も、

人狼がすごい上手い人から見ると

いやいやいやいやいやいや、
お前が解ってないだけだから
結局これらの根幹って一体だから(ry

とかになるのかなあ、
とか思った。
というお話。
物事の根幹に対する理解する瞬間、
幾つかの情報(経験)が連結するのを感じる瞬間、
これに至れるのって難しい。
僕はちなみに人狼でそれを感じた機会って一回もないんです。
麻雀だったら数回あるかな。

解る人には解る感覚だとおもう。
いつか記事にしてみるか。
おしまい